Research Activities

研究業績

Last modified: September 25, 2017

先頭が数字付きのものは発表・印刷済みを,それ以外は執筆中もしくは発表前のものを示す.

学術論文 [査読有り,欧文]
  1. Unuma, T., and T. Takemi, 2016b: A role of environmental shear on the organization mode of quasi-stationary convective clusters during the warm season in Japan. Science Online Letters on the Atmosphere, 12, 111-115, doi:10.2151/sola.2016-025.
  2. Unuma, T., and T. Takemi, 2016a: Characteristics and environmental conditions of quasi-stationary convective clusters during the warm season in Japan. Quarterly Journal of the Royal Meteorological Society, 142, 1232-1249, doi:10.1002/qj.2726.

学術論文 [査読有り,和文]
  1. 鵜沼昂, 村田文絵, 2012: 四国における停滞性の線状降水帯の統計的抽出. 天気, 日本気象学会, 59, 119-125. PDF

紀要等 [査読無し,和文]
  1. 鵜沼昂, 水野裕之, 肆矢朗久, 直江成夫, 2017: 下層東風による2011年9月25日三重県南部の局地的な大雨(JMANHMによる再現実験), 平成28年度 東京管区気象台 調査研究会誌, 49.
  2. 肆矢朗久, 直江成夫, 井上大介, 水野裕之, 甲斐弘泰, 鵜沼 昂, 見砂大輔, 千葉宏樹, 太田弘彦, 2017: 下層東風による2011年9月25日三重県南部の局地的な大雨, 平成28年度 東京管区気象台 調査研究会誌, 49.
  3. 肆矢朗久, 鵜沼昂, 2017: 三重県における光化学オキシダント濃度の特徴, 平成28年度 東京管区気象台 調査研究会誌, 49.
  4. 鵜沼昂, 石川裕彦, A.-N. A. Juati, S. O. Ansah, P. Nunekpeku, R. Y. Agyeman, and C. Mensah, 2016: ガーナ国周辺地域における WRF による気象予報試行. 京都大学防災研究所年報, 59B, 192-199.
  5. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2015: 湿潤な環境下で発生する停滞性降水系の理想化数値実験. 京都大学防災研究所年報, 58B, 167-174.
  6. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2014: 日本の暖候期における停滞性降水システムの特徴とその環境条件. 京都大学防災研究所年報, 57B, 196-210.

解説・報告書 [査読無し,和文]
  1. メソ気象セミナー事務局(栃本英伍, 渡邉俊一, 末木健太, 吉住蓉子, 下瀬健一, 津口裕茂, 加藤亮平, 鵜沼昂), 2016: 第 3 回メソ気象セミナー開催報告. 天気, 日本気象学会, 63, 927-935. PDF
  2. メソ気象セミナー事務局(下瀬健一, 津口裕茂, 栃本英伍, 鵜沼昂, 加藤亮平), 2016: 第 2 回メソ気象セミナー開催報告. 天気, 日本気象学会, 62, 125-129. PDF
  3. 津口裕茂, 下瀬健一, 加藤亮平, 栃本英伍, 横田祥, 中野満寿男, 林修吾, 大泉伝, 伊藤純至, 大元和秀, 吉田龍二, 鵜沼昂, 2016: 「2014 年広島豪雨に関する予測検討会」の報告. 天気, 日本気象学会, 62, 95-103. PDF
  4. メソ気象セミナー事務局(下瀬健一, 津口裕茂, 栃本英伍, 鵜沼昂), 2014: 第 1 回メソ気象セミナー開催報告. 天気, 日本気象学会, 61, 947-951. PDF
  5. 三隅良平, 下瀬健一, 岩崎杉紀, 大東忠保, 佐藤陽祐, 鵜沼昂, 大竹秀明, 古関俊也, 斎藤篤思, 橋本明弘, 山下克也, 田尻拓也, 竹見哲也, 藤吉康志, 村上正隆, 中井専人, 李根玉, 2013: 第 16 回国際雲・降水会議(ICCP2012)の報告. 天気, 日本気象学会, 60, 177-185. PDF

国際会議・学会発表 [査読無し,欧文]
  1. Takemi, T., and T. Unuma, 2017: Characteristics and Environmental Properties of Warm-Season, Quasi-Stationary Mesoscale Convective Systems in Japan. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, Chiba, Japan, 23rd May 2017, AAS08-13 (Invited oral presentation).
  2. Takemi, T., and T. Unuma, 2017: Use of operational data to reveal the morphology and environmental properties of warm-season mesoscale convective systems in Japan. 97th AMS Annual Meeting, 28th Conference on Weather Analysis and Forecasting / 24th Conference on Numerical Weather Prediction, Washington, U.S.A., 23rd January 2017, #84 (Poster presentation).
  3. Unuma, T., and T. Takemi, 2016: Climatological study on the morphology and environmental properties of quasi-stationary convective clusters during the warm season in Japan. 17th International Conference on Clouds and Precipitation (ICCP), Manchester, United Kingdom, 27th July 2016, P3.6 (Poster presentation).
  4. Unuma, T., and T. Takemi, 2016: Statistical analyses on the morphology and environmental properties of warm-season quasi-stationary convective clusters in Japan. 11th International Conference on Mesoscale Convective System and High Impact Weather (ICMCS), Busan, Korea, 25-28 April 2016, #??? (Oral presentation).
  5. Unuma, T., H. Ishikawa, A.-N. A. Juati, P. Nunekpeku, and S. O. Ansah, 2015: Onset of Convective Systems that Spawn Flood in 3rd June 2015 at Accra, Ghana. the 4th International Symposium on Earth-science Challenges (ISEC), Oklahoma, U.S.A., 22nd September 2015, #53 (Poster presentation).
  6. Unuma, T., and T. Takemi, 2015: General characteristics and environmental properties for the development of quasi-stationary convective clusters during the warm season in Japan. the 4th International Symposium on Earth-science Challenges (ISEC), Oklahoma, U.S.A., 22nd September 2015, #13 (Poster presentation).
  7. Unuma, T., and T. Takemi, 2014: Environmental Conditions before the Development of Quasi-Stationary Mesoscale Convective Systems during Warm Season in Japan. AOGS 11th Annual Meeting, Sapporo, Hokkaido, Japan, 1st August 2014, #AS34-D5-AM1-EH-019 (Oral presentation).
  8. Unuma, T., and T. Takemi, 2014: Environmental Conditions before the Development of Quasi-Stationary Mesoscale Convective Systems during Warm Season in Japan. Exchange program between National Taiwan University and Kyoto University, Taipei, Taiwan, 6th March 2014, (Poster presentation).
  9. Unuma, T., and T. Takemi, 2013: Characteristics of Quasi-Stationary Mesoscale Convective Systems during the Warm Season in Japan. GCOE-ARS Final Symposium, Kyoto, Japan, 2nd December 2013, #09 (Poster presentation).
  10. Unuma, T., and T. Takemi, 2013: Climatological Analysis of Quasi-Stationary Precipitating Systems in Warm Season with Radar-Netwark Data. 1st Asian Conference on Radar Meteorology, Jeju, Korea, 7th November 2013, #49 (Oral presentation).
  11. Unuma, T., and T. Takemi, 2013: Characteristics of Quasi-Stationary Mesoscale Convective Systems during the Warm Season in Japan. the 3rd International Symposium on Earth-science Challenges (ISEC), Kyoto, Japan, 4th October, 2013, #14 (Poster presentation).
  12. Unuma, T., and T. Takemi, 2013: Characteristics of quasi-stationary mesoscale convective systems during the warm season in Japan. 15th Conference on Mesoscale Processes, Oregon, U.S.A., 8th August 2013, #52 (Poster presentation).
  13. Unuma, T., and T. Takemi, 2013: Temporal-Spatial Characteristics of Rainfall Systems over Shikoku Island. 7th KAGI21 International spring school, Shiga, Japan, 6th March 2013, #26 (Poster presentation).
  14. Unuma, T., and T. Takemi, 2012: Statistical Analysis of Quasi-Stationary Mesoscale Convective Systems over Complex Terrain in Japan. 26th Conference on Severe Local Storms, Tennessee, U.S.A., 5th November 2012, #72 (Poster presentation).
  15. Unuma, T., F. Murata, and T. Takemi, 2012: The Role of Topography and Cold pool - Shear Interaction in Quasi-stationary Line-shaped Rainfall Systems over Shikoku Island Japan. 16th International Conference on Clouds and Precipitation, Leipzig, Germany, 31st July 2012, #167 (Poster presentation).

国内発表 [査読無し,和文]
  1. 鵜沼昂, 2017: 三重県尾鷲市付近の上層風と降雨の地域特性, 第4回メソ気象セミナー, 北海道函館市, 2017年07月08日, P03 (ポスター).
  2. 鵜沼昂, 稲垣広己, 直江成夫, 水野裕之, 肆矢朗久, 2017: 三重県尾鷲の上層風の地域特性と強雨時に生じる収束線の形成要因. 三重大学 合同研究会, 三重県津市, 2017年03月01日 (口頭).
  3. 鵜沼昂, 水野裕之, 肆矢朗久, 2017: 下層東風による2011年9月25日三重県南部の局地的な大雨(JMANHMによる再現実験), 平成28年度メソモデルを用いた調査研究に関する打合せ会 -, 2017年02月16日〜2017年03月16日.
  4. 鵜沼昂, 稲垣広己, 直江成夫, 丸山祐也, 2017: 尾鷲の地上・上層風の地域特性. 津地方気象台 談話会, 三重県津市, 2017年02月16日 (口頭).
  5. 鵜沼昂, 水野裕之, 肆矢朗久, 直江成夫, 太田弘彦, 2017: 下層東風による2011年9月25日三重県南部の局地的な大雨(JMANHMによる再現実験), 平成28年度 東海地区調査研究発表会 愛知県名古屋市, 2017年01月12日 (口頭).
  6. 鵜沼昂, 水野裕之, 肆矢朗久, 直江成夫, 甲斐弘泰, 井上大介, 見砂大輔, 千葉宏樹, 太田弘彦, 2016: 下層東風による2011年9月25日三重県南部の局地的な大雨(JMANHMによる再現実験), 平成28年度 三重県調査研究発表会 三重県津市, 2016年12月05日 (口頭).
  7. 鵜沼昂, 日本の暖候期に発生する準停滞性降水系の特徴・形態と環境条件に関する統計的研究. 津地方気象台 談話会, 三重県津市, 2016年09月16日 (口頭).
  8. Unuma, T., and T. Takemi, 2016: Climatological study on the morphology and environmental properties of quasi-stationary convective clusters during the warm season in Japan. 第8回熱帯気象研究会, 京都府宇治市, 2016年09月29日 (ポスター).
  9. 鵜沼昂, 日本の暖候期に発生する準停滞性降水系の特徴・形態と環境条件に関する統計的研究. 三重大学生産資源学部 研究セミナー, 三重県津市, 2016年07月28日 (口頭, 招待).
  10. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2016: 日本の暖候期に発生する準停滞性降水系の組織構造に対する水平風の鉛直シアーの役割. 日本気象学会2016年度春季大会, 東京都渋谷区, 2016年05月19日, P227 (ポスター).
  11. 鵜沼昂, 石川裕彦, S. O. Ansah, P. Nunekpeku, A.-N. A. Juati, 2016: ガーナ国周辺地域におけるWRFによる気象予報試行. 京都大学防災研究所研究発表講演会, 京都府宇治市, 2016年02月23日, C09 (口頭).
  12. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2015: 暖湿な環境下で発生する停滞性降水系の理想化数値実験. 京都大学防災研究所研究発表講演会, 京都府宇治市, 2015年02月23日, B05 (口頭).
  13. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2014: 日本の暖候期における停滞性降水系発生時の環境条件. 「グローバルスケールとメソスケールを貫く気象学」研究集会, 愛知県名古屋市, 2014年12月25日, 6 (口頭).
  14. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2014: 日本の暖候期における停滞性降水システム発生前の環境条件. 第 1 回メソ気象セミナー, 茨城県つくば市, 2014年06月07日, P02 (ポスター).
  15. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2014: 日本の暖候期における停滞性降水システム発生前の環境条件. 日本気象学会2014年度春季大会, 千葉県横浜市, 2014年05月21日, A104 (口頭).
  16. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2014: 日本の暖候期における停滞性降水システムの発生前環境場の気候学的特徴. 京都大学防災研究所研究発表講演会, 京都府宇治市, 2014年02月28日, B20 (口頭).
  17. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2013: 日本の暖候期における停滞性降水システムの特徴. 日本気象学会関西支部例会(近畿支部), 大阪府大阪市, 2013年12月18日, 4 (口頭).
  18. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2013: 集中豪雨をもたらす降水システムの時空間特性. 日本気象学会2013年度春季大会, 東京都渋谷区, 2013年05月16日, P205 (ポスター).
  19. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2013: 2012年5月6日につくば市付近で発生した竜巻の領域気象モデルを用いた数値実験. 京都大学防災研究所研究発表講演会, 京都府宇治市, 2013年02月21日, C03 (口頭).
  20. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2012: 日本における降水の風向依存性. 日本気象学会2012年度秋季大会, 北海道札幌市, 2012年10月3日, P120 (ポスター).
  21. 鵜沼昂, 竹見哲也, 2012: 高分解能計算による2012年5月6日につくば市付近で発生した竜巻の再現実験. 日本流体力学会2012年度年会, 高知県高知市, 2012年09月16日, (口頭).
  22. 鵜沼昂, 2012: 高分解能計算による2012年5月6日につくば市付近で発生した竜巻に伴う局所的な風速の地形依存性. 台風セミナー2012, 宮城県仙台市, 2012年08月27日, (ポスター).
  23. 鵜沼昂, 2012: 日本における降水の風向依存性. 第24回日本気象学会夏期特別セミナー, 埼玉県小川市, 2012年07月21日, P1 (ポスター).
  24. 鵜沼昂, 2012: 四国における停滞性線状降水帯の発生環境場に関する研究と今後の計画. 気象研究所コロキウム, 茨城県つくば市, 2012年05月30日 (口頭).
  25. 鵜沼昂, 村田文絵, 2012: 四国における停滞性線状降水帯の客観的抽出手法. 日本気象学会2012年度春季大会, 茨城県つくば市, 2012年05月29日, B414 (口頭).
  26. 鵜沼昂, 2012: 四国における停滞性線状降水帯の発生環境場に関する研究. 東京大学大気海洋研究所海洋大気力学セミナー, 千葉県柏市, 2012年02月22日 (口頭).
  27. 鵜沼昂, 村田文絵, 2011: 四国の停滞性線状降水帯における地形及びコールドプールと下層風の鉛直シアーの役割. 日本気象学会関西支部例会(四国支部), 香川県高松市, 2011年12月17日, 10 (口頭).
  28. 鵜沼昂, 村田文絵, 2011: 四国に豪雨をもたらす停滞性の線状降水帯におけるコールドプールと下層鉛直シアーの役割. 日本気象学会2011年度秋季大会, 名古屋市千種区, 2011年11月16日, C101 (口頭).
  29. 鵜沼昂, 2011: 四国地方に発生する停滞性の線状降水帯における下層鉛直シアーとコールドプールの役割. 第23回日本気象学会夏期特別セミナー, 名古屋市千種区, 2011年9月5日, A01 (口頭).
  30. 鵜沼昂, 村田文絵, 2011: 2008年5月13日に発生した四国における線状降水帯の数値実験. 日本気象学会2011年度春季大会, 東京都渋谷区, 2011年05月19日, P209 (ポスター).
  31. 鵜沼昂, 村田文絵, 2010: 四国における線状降水帯の統計的抽出. 日本気象学会関西支部例会(四国支部), 愛媛県松山市, 2010年12月18日, 1 (口頭).
  32. 鵜沼昂, 2010: 気象庁降雨レーダーを用いた四国における線状降水帯の統計的研究. 第22回日本気象学会夏期特別セミナー, 京都府, 2010年7月18日, A32 (口頭).
  33. 鵜沼昂, 村田文絵, 2010: 気象庁降雨レーダーを用いた四国における線状降水帯の統計的研究. 日本気象学会2010年度春季大会, 東京都渋谷区, 2010年05月24日, A302 (口頭).
  34. 鵜沼昂, 2010: 四国における停滞性の線状降水帯に関する統計的・数値的研究. 暴風雨・気象環境研究分野,流域圏観測研究領域合同セミナー, 京都府宇治市, 2010年04月16日 (口頭).
  35. 鵜沼昂, 村田文絵, 2009: 2008年四国における線状降水帯の風向別平均出現頻度分布. 日本気象学会関西支部例会(四国支部), 香川県高松市, 2009年12月10日, 3 (口頭).

学位論文 (博士後期課程)
学位論文 (修士課程)
卒業研究



査読経験
ID
所属学会
委員・座長経験

海外渡航歴 ただし,* 印の国はトランジットで入国.

国内旅行歴